運輸安全マネジメント

平成28年度輸送の安全に関する公表

株式会社アーベルは、平成28年度運輸安全マネジメントに関する取り組みについて次の通り輸送の安全に関する公表を行っております。

輸送の安全に関する基本的な方針(公表義務報告)

1.代表者は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社員に輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させ、また、社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たします。
2.運輸安全マネジメントを確実に実施し、全社員が一丸となって業務を遂行することにより、絶えず輸送の安全性の向上に努めます。
3.輸送の安全に関する情報について、積極的に公表します。

輸送の安全に関する目標及び当該目標の達成状況

事故削減目標については次項に掲載。

自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関する統計

重大事故 交通事故 内   訳
目標 実績 目標 実績
平成26年度 0件 0件 0件 1件 物損 1件・人身 0件
平成27年度 0件 0件 0件 3件 物損 3件・人身 0件
平成28年度 0件 0件 0件 0件 物損 0件・人身 0件

輸送の安全のために講じた措置及び講じようとする措置

1.運転者教育・研修
運転者年間教育計画を作成し、初任運転者研修(実技30時間以上座学20時間
以上)、適齢運転者研修(動作確認・反応速度の測定等)、現任運転者研修
(外部機関による安全運転研修)、及び初任、適齢、現任運転者に対する関係
法令の遵守、ヒヤリ・ハット等の小集団教育を実施して輸送の安全に向けた意識
の向上を図ります。
2.交通安全運動等期間中は、事故防止運動を実施します。
・春の全国交通安全運動
・夏の事故防止運動
・秋の全国交通安全運動
・年末年始自動車輸送安全総点検
3.輸送の安全に関する安全管理の取組状況の点検と改善については年間に
3回以上実施し、是正・予防措置を講ずるとともに、継続的改善に努めております。

輸送の安全に関する安全管理の取組状況の自己チェックリスト及び措置内容

・本社・営業所のすべての部署で安全管理の取組状況の確認を実施しました。
・実施結果は、見直しと継続的改善への取組について、再徹底を行いました。
・フォローアップ監査において、改善されたことを確認しました。

行政処分内容、講じた措置

今年度、行政処分なし

Copyright(c) アーベル交通-鹿児島の貸切バス,観光バスはアーベル交通におまかせください All Rights Reserved.