輸送の安全目標

 

1.事故削減目標

重大事故 交通事故 内   訳
目標 実績 目標 実績
平成27年度 0件 0件 0件 0件 物損 0件・人身 0件
平成28年度 0件 0件 0件 0件 物損 0件・人身 0件
平成29年度 0件 0件 0件 0件 物損 0件・人身 0件
平成30年度 0件 0件 0件 0件 物損 0件・人身 0件

※1.重大事故は、自動車事故報告規則第2条に規定する事故を言う。
※2.交通事故は、重大事故を除く有責・無責のすべての事故を言う。

2.関係法令及び社内規定の尊守を確保

関係法令及び社内規定(安全を管理する規定等)の尊守は、4半紀ごとに教育を実施します。
同一の内容を3か月にわたり行い、全社員が必ず参加できるようにします。

3.安全管理の取組状況の点検と改善

安全を管理する規定に基づく、「安全管理の取り組み状況の事故チェックリスト」
により1年に1回以上チェックを行い、全員で必要臭い時手問題の解決に向けた対策を講じます。

4.輸送の安全に関する教育・研修の計画を作成し、これを的確に実施します。

1.事故防止対策会議
毎月1回第1火曜日に、安全統括管理者の巡回後に行う。
2.ドライバーミーティング(毎月1回)
配車係と相談の上、乗務員代表が日程を調整する。
3.事故惹起者・新入社員への教育
事故発生時、または入社後運転者としての選任する前に行う。

平成30年4月1日

株式会社アーベル
安全統括管理者 東 佑史

Copyright(c) アーベル交通-鹿児島の貸切バス,観光バスはアーベル交通におまかせください All Rights Reserved.